不眠の原因は様々ある!



寝付けない。。。ベットに入るときに億劫になる方は多いのではないでしょうか。日本では5人に1人が何かしらの睡眠障害をかかえているとされています。不眠になる原因というは様々な理由があることがわかっています。多くの方が寝れないことに悩みを抱いているのです。

眠れない原因には痛みやかゆみなどもあります。また心配事やなにか私生活での悩みといった部分もあります。

意外にも寝室が明るすぎたり、近所からの騒音によっても眠気を阻害されるケースもあります。抱える不眠の原因は様々ですが、身の回りの環境によって引き起こされているものはまず原因を解決したり解消すれば不眠を治すことができます。

環境によった不眠は一時的なものであまり深く考える必要はありません。

ですが、そういった環境を整えても眠れない場合、もしくは原因がわからない場合は、精神性理性不眠や原発性不眠といった症状の可能性があります。やっかいなのが自分で気づかないこともある不眠ですね。こういった場合には注意が必要です。


睡眠に関する3つの問題点

私達は生活する以上、毎日必ずストレスを感じています。生活する上でストレスを全て排除することは不可能に近いとされています。また社会的に生活スタイルが不規則になっていたり、高齢化社会を迎えたことで近年の睡眠障害の人口は年々と増えています。

不眠を含む睡眠障害は種類でいうと約90種類にも分類されています。ですが、大きく分けると3つに分けることができるとされています。

1.睡眠の量や質に問題があるケース
これには夜中に目が覚めてしまう。朝になるとすぐに目が覚めてしまう。またいくら寝ても足りないと感じるなどがこのケースには含まれます。

2.時間帯に問題があるケース
明け方まで眠くならなくり、寝ても昼過ぎまで寝てしまう。夕方に睡眠をとって夜中に起きてくる。また徐々に就寝する時間がずれてくるなどのケースです。

3.睡眠中に異常現象
いびきがうるさい。息が止まる時間帯がある。足がむずかゆい。寝ぼけるなどの睡眠中の以上な行動や運動、呼吸の異常があるなどをこれに分類されています。

この次に体の不調なども関係してきます。女性の場合は筋肉がないために、体も疲れやすく水太りなどもしやすくなります。そうなるとリンパ液や血液の循環が悪くなるケースが多々ありますので、脚やせサプリといった血液の巡りを良くしたり、溜まった水を排泄してくれる作用のあるものを使うと良いです。


不眠に悩んだらこれで解決?よく眠れるテクニックランキング!

第一位:ランニング


ランニング
よく眠れる体を作るには体を動かして肉体を疲れさせてあげることが大切とされています。そこで30代〜シニア層まで人気なのが自分の体に一つでOKなランニングによるものです。走るのがきつい場合にはまずはウォーキングから始めてみても問題ありませんので、寝付きが悪い場合は体を動かし見るとよいかもしれませんよ!
 

第2位:パワーナップ


仮眠しているどうぶつ
今は企業でもこれが注目されていますよね。簡単にいってしまえば昼寝です。ですがちょっとしたコツがあり20分間だけ寝るといったことです。それ以下でも以上でもいけません。しっかりと20分を測って仮眠することが大切とされています。睡眠不足が続いている人や昼間や朝目覚めた時にボーッとする人には効果が高いです。体がリセットされますし、夜になると眠気もしっかりと出てくるのでこちらも手軽で人気ですね。
 

第3位:睡眠サプリメント


サプリメント
薬に頼りたくない人に人気なのが安眠や眠りの質を改善する成分が含まれているサプリメントです。睡眠導入剤のような化学薬品が入っていないので依存性や副作用の心配がないのが特徴とされています。原料にはハーブや美容成分などが配合されているので健康や美容にもバッチリで女性に人気が高いといえますね。現役看護師が選定!睡眠サプリ大特集ランキングといったサイトでは看護師さんが検証したサプリメントを紹介してくれているので参考になるかと思います。